デジタル遺品

実際にあったデジタル遺品トラブルと衝撃の裏話3選を紹介!

身内の方が突然亡くなり遺品整理をしている時に、もしデジタル遺品を見つけたらどうされますか?そもそも、デジタル遺品という言葉自体が馴染みがありませんよね。なので先に、現代でいうデジタル遺品とは、どのようなものを指すのかをお伝えします。

そのあと、デジタル遺品にまつわる衝撃の裏話3選や、トラブル対策についてもご紹介していきます。決して他人事でないデジタル遺品。それが、一体どのような影響を持つ存在なのかを見ていきましょう。

デジタル遺品の定義とは?

デジタル遺品

おつる
そもそも、デジタル遺品とはどのようなものなのでしょうか?
かめひこ
それは、主に次のようなものを指します。
デジタル遺品とされるもの
  1. パソコン
  2. スマートフォン・携帯電話
  3. デジカメ・HDD
  4. FX口座・SNS・ブログ・有料オンライン系アカウント
おつる
一般的に、故人が所持していたパソコンやスマホを総称して「デジタル遺品」と呼んでいるのですね。

現在は大事なことを紙に書いたり現物で残すことよりも、スマホやパソコン内にデータとして保存するスタイルが圧倒的に増えていますよね。

さらに、インターネットのクラウド上にデータ保管することで、たとえデバイス(機器)が損壊しても、IDやパスワードなどのログイン情報さえ知っていれば、他のパソコンやスマホからデータを閲覧・取得することができます。

おつる
このことは、ドラマ「dele」の世界だけではなく、あなたや周りの方にも関係してくる出来事なので、少し考えさせられるテーマになりますね。
かめひこ
パソコンやスマホは便利な反面、情報が漏れるリスクも伴うので自己管理能力が重要ですね。

デジタル遺品にまつわる業界の裏話3選

業界の裏話

ドラマ「dele」のストーリーは、デジタル遺品が引き金となって様々なトラブルと対峙していく、1話完結型の構成となっています。

そこで、今回はドラマの原案・脚本を手掛けた本多氏が、もし本作品の中に実話を取り入れたとしたら、一体どのようなエピソードが挙げられるのかを、衝撃の裏話を3つご紹介していきたいと思います。

※以下の著書からも一部抜粋しております。

裏話①:夫の旅先データ

不倫

おつる
裏話のテーマは「夫の旅先データ」ということですが、旦那様とは生前どのような関係でしたか?
C子さん
夫は世に言う愛妻家で、月に一度は一緒に遠方に旅行をするような仲でした。

しかし、夫が急な心臓発作で先立ち、残された妻のC子さんがデジタル遺品を整理することに。遺品の付箋にパスワードが書いてあった為、簡単にパソコンにログインすることができました。

しかし、そこで見つけたのが、「シークレット」という名前が付けられた不可解なフォルダ。

おつる
これは誰が見ても、開くたくなるフォルダ名ですね。
かめひこ
その中には写真メモ帳データが保存されていたようですが、もしかしてそれは…

写真には夫が見知らぬ女性の肩を抱いて一緒に写っているものもありました。さらに、その後ろの背景を見ると…

C子さん
そうです。そこは私と一緒に行った旅行先だったのです。
おつる
それに、メモ帳ファイルには、C子さんとの旅行データ詳細が書かれていたようですね。
かめひこ
「E美(不倫相手)には忘れずに説明すること。△△温泉の泉質は硫酸塩泉で、美肌効果あり」などの情報もご丁寧に書いてありました。

お察しの通り、C子さんと行った旅行というのは、E美と一緒に行く前の「下見」だったのです。

知らぬが仏というべきか、もしデジタル遺品を見ることなく専門業者にデータ消去を依頼していれば、この事実を永久に知ることなく、良き夫という思い出だけを残すことができはず。

悲しいことに、こうした不倫の事実は決して少なくないため、妻と夫の不倫相手とのトラブルも勃発しているのです。

裏話②:飲酒運転のレッテル

バイクメーター

本人死後に、SNS上であらぬ誤情報がシェアされ、本人の名誉が傷つけられたまま放置されるという非常に理不尽なことも、SNSアカウントを持っている人なら誰にでも起こりえる可能性があります。

Bさんは彼女とバイクの二人乗りをしている時に、前方不注意で右折してきた対向車に衝突して亡くなりました。しかし、悲劇はそれだけではないことを友人のJさんが教えてくださいました。

Jさん
事故のニュースをネット上でも各新聞社がこぞって取り上げていた中、Bくんの実名ツイッターアカウントも一緒に紐づけられたのです。
おつる
さらに事故の原因が、Bさんの飲酒運転であるという、とんでもないデマが流されたと聞きました。
かめひこ
そのデマを悪意を持った野次馬が拡散し、最終的にBさんには「飲酒の末に事故で命を落とした未成年」というレッテルが貼られてしまったのです。
Jさん
私が、どんなにSNS上で誤解である旨を伝えても一向に炎上は収まらりませんでした。

その後、1年経っても誤解は解けずにBさんの無念の思いがSNS上に大きな痕跡となって残っているのです。SNSの恐いところは、最初の誤情報を削除しても、情報を拡散された後ではどこに残っているのか探しようがないという点です。

SNS上で個人情報を公開することへのリスクは、本人死後にも付きまとってくる問題であることが分かります。

裏話③:FXで1500万円の請求

下がり続けるFX

交通事故で旦那様を亡くされたK子さんが、突如として多額の負債を背負うという、デジタル遺品の中でも極めて起こりやすいケースをご紹介していきます。

おつる
旦那様が亡くなった当日、FXの取引会社から電話があったようですが、どのような用件でしたか?
K子さん
夫が運用していたFXが1500万円の損失を出したことを言われ、最初は詐欺の電話かと思いました。
かめひこ
旦那様がFXをされていたことはご存知でしたか?
K子さん
いいえ、全く知りませんでした…

夫が亡くなった2015年1月15日、多くのFXトレーダーに影響を与えたスイスショック(相場大急変)が起こった日でもあったので。夫の取引はその影響を大きく受け、当然ロスカットもできなかったため多額の損失を被ることなったのです。

おつる
旦那様が残した請求から、唯一逃れられる方法は「相続放棄」ですね。
かめひこ
ただ、相続放棄は他の財産を一切引き継げなくなるというリスクがあります。

もし、家(不動産)や車などが夫名義の場合は、今まで使用していたとしても、それらを所有することはできなくなる可能性は高いです。

家族に秘密にしていたFXにより、まさか遺された者を窮地に追い込むことになるとは、亡くなった本人にとっても想定外だったことでしょう。

デジタル遺品のトラブル回避方法

上記の裏話は、相続人としては予想も付かないようなトラブルだったと伺えます。タラレバの話になりますが、もしデジタル遺品について深い知識があったら、これらのリスクは多少なりとも回避できたとも思います。

なので、そのようなトラブルを招かないために、次のようなデジタル遺品のトラブル対策を抑えておきましょう。

デジタル遺品の相続人のトラブル対策3選
  1. パソコンやスマホの写真データを閲覧せずに削除する場合は、削除前に専門業者にデータ保存依頼をする
  2. SNSはアカウント凍結、または追悼アカウントの申請をする
  3. パソコンやスマホのパスワードが分からない場合は、こちらをご参考ください

また、ご自身が亡くなった後のトラブルを防ぐために、エンディングノートを作成されることをおすすめします。

エンディングノートには、各種ID・パスワード、金融機関で必要な個人情報などを書いておき、相続人がスムーズにデジタル遺品整理ができる状態を作っておきましょう。

デジタル遺品を取り扱う業者おすすめ3社

もし、ドラマ「dele」で、ご紹介した3つの裏話のどれかが題材となった場合、それは視聴者への問いかけであるとも捉えられるでしょう。または、あなたの身近でも起こり得るという警鐘にも聞こえるでしょう。

でも、いざ自分の身近な人が突然亡くなり、デジタル遺品を所持していたとしたら、どのように対処するのが正解なのでしょうか?

下手にいじって大事なデータが消失してしまったら、元も子もありません。そうなる前に専門業者に依頼し、パスワードの解析やデータの整理をしてもらいましょう。

ちなみに、デジタル遺品業者おすすめ3社や個人での行うパスワード・ロック解析方法については、以下の記事よりご覧いただけます。

故人のパソコンやスマホのパスワード解除方法と専門業者おすすめ3社を紹介

さいごに

ドラマ「dele」が、「もし実話をもとにした場合」を想定し、デジタル遺品が招いた衝撃の実話3選をご紹介させていただきました。

人の死はいつやってくるか分からないことからも、ドラマと言えども他人事ではない気がします。きっと共鳴するテーマがあり、何度も観直したくなるようなストーリーもあるはずです。

もし、繰り返し視聴されたい場合は、ドラマがスタートする7月27日以降に1ヶ月無料動画サービスをご案内しますので、それまで少々お待ちください。

関連記事

  1. デジタル遺品

    デジタル遺品整理サービスのおすすめ業者3選!料金相場もチェック

    パソコンやスマホ(スマートフォン)などをはじめとする「デジタル遺品」が…

  2. デジタル遺品

    死後にパソコンのファイルが自動削除されるフリーソフトを紹介!

    自分が決めた指定日に、パソコン内のファイルやフォルダを自動削除してくれ…

  3. デジタル遺品

    故人のパソコンやスマホのパスワードロック解除できる遺品整理業者おすすめ3選

    親族が突然亡くなり遺品整理をしている時に、スマホやパソコンが出てきた場…

  4. デジタル遺品

    デジタル遺品の種類とは?トラブル回避のための整理方法も紹介

    「デジタル遺品とは具体的にどのようなものを指すのだろう…」と疑問に思っ…

  5. デジタル遺品

    デジタル遺品を家族に見られたくない!対処法やデータ削除方法を紹介

    遺された家族が、故人のデジタル遺品を見れないことで、トラブルが発生した…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 中国

    岡山の遺品整理業者おすすめ3社を紹介!料金や評判もチェック
  2. 注意点

    遺品整理業者に依頼する5つのメリットとデメリット!注意点を紹介
  3. お焚き上げ

    東京で遺品のお焚き上げ供養ができる業者おすすめ3選と料金相場
  4. 中国

    島根の遺品整理業者おすすめ3社を紹介!料金と口コミ・評判のまとめ
  5. ライフリセット

    ライフリセットの口コミ・評判を紹介!不評でも選ばれる理由とは?
PAGE TOP