デジタル遺品

デジタル遺品の種類とは?トラブル回避のための整理方法も紹介

「デジタル遺品とは具体的にどのようなものを指すのだろう…」と疑問に思っていませんか?

おそらく、亡くなった方のパソコン(PC)やスマホ、デジカメなどのハード機器をイメージされると思いますが、その先に広がるネット上の個人情報全てがデジタル遺品に含まれるのです。

今回は、それら膨大なデジタル遺品にはどのような種類があるのかを、トラブル回避のための整理方法と合わせてご紹介していきます。

デジタル遺品の種類

デジタル遺品と聞いて最初に思いつくのは、おそらくパソコンやスマホなどのハード機器ではないでしょうか?

それももちろん正解ですが、加えると、誰もが気軽にSNSなどで情報発信や株・FXの取引を行うことができ、個人で数十〜数百個のアカウントを持っている人もいるのです。

ついては、もし自分が死んだ場合、デジタル遺品になりうるものが、次のうちどれかをチェックしてみてください。

デジタル遺品の種類
  1. パソコン
  2. スマホ、タブレット
  3. デジカメ、ビデオカメラ
  4. メール(Gmail、Yahoo、Outlookなど)
  5. SNS(LINE、facebook、twitter、Instagramなど)
  6. ブログ・ホームページ
  7. クラウドサービス・アフィリエイト
  8. 株・FX認証
  9. ネットバンキング
  10. オークションサイト
  11. その他有料サイト・アプリ

細かく列挙するとキリがないため、一般的に個人でよく利用されるものをまとめました。しかし、これだけ多くの情報を自分以外の人物に伝えるとなると、口頭で手短に済ませることはほぼ不可能です。

ましてや、万が一にも身内や相続人に伝える前に自分が死んだら、情報もろとも闇に葬られることになります。

そうならない為にも、デジタル遺品のログイン情報は「エンディングノート」に書き残すようにしておきましょう。ちなみに、エンディングノートとは、自分にもしものことがあった時に、遺された家族や友人に伝えたいことをまとめたノートのことです。

エンディングノートの詳しい書き方やサンプルついては、以下の記事で詳しく紹介されています。

エンディングノートの書き方とは?優先的すべき項目とサンプルを紹介

デジタル遺品の整理方法

前述しましたデジタル遺品類は、個人によって利用頻度が異なります。とはいえ、お金に関するものは第三者による悪用のリスクが伴うので、優先的に対処してもらわないといけません。

なぜなら、そのことを知らずに後回しにしてしまうと、多大な損害や故人の信用問題に関わるトラブルも起こりうるからです。

実際にあったデジタル遺品トラブルと衝撃の裏話3選を紹介!

おつる
こうならない為にも、エンディングノートにログイン情報を書いておくと相続人や身内にも安心してもらえます。
かめひこ
しかし、あまりにも多くのアカウントを管理していると、何を優先的に書き残していくべきか迷ってしまいますよね。

なので次に、デジタル遺品を重要度別にランク分けした整理方法をご紹介していきます。
※重要度はA〜C(高〜低)となります。

重要度A:デジタル機器・金融関連

おつる
これらは悪用されると、どれも多大な損害や信用失墜のリスクを伴います。
かめひこ
しかもそれは、生前であろうとリスクは同様。

パスワードも類推できない独立変数で設定しないと、あなたをよく知る人物ならログインできてしまう危険性だってあるのです。

具体的には、次の4種類のログイン情報が重要度トップに位置付けられます。

A-①パソコン・スマートフォン

デジタル遺品

おつる
パソコン・スマホは、あらゆるデータやアカウントに繋がる入口になりますので非常に重要度は高いですね。

パソコンはパスワードリセットの操作機能がありますが、スマホはロックNo.が分からないとキャリア側でも開くことができず、初期設定する以外に方法がなくなります。

かめひこ
なので、そうならない為にも、パスワードやロックNo.はエンディングノートに書いておき、半年毎にでも変更しておきましょう。
A-②ネットバンキング

おつる
もし、ID・パスワードを忘れた場合、本人でさえも取引不可となるため、これらも必ず書き残しておきましょう。

それにネット上で、キャッシングローンなどができてしまうので、悪意のある第三者に知られないようセキュリティーソフトを入れておくなど、管理上でも細心の注意が必要です。

A-③クレジットカード

通販サイトに登録している場合、サイトにログインし配送先の住所変更さえすれば、登録されているクレジットカード情報で、誰もが購入できてしまいます。

おつる
情報漏洩するリスクを想定し、カードを利用停止することが先決ですね。
かめひこ
ただ、カードの残債(分割払い)があると「支払い完了するまで」は正式に解約することができませんよ。

(↑まれに、残債の一括振込で完済扱いしてくれるケースもあります)

もし、そのような理由で利用停止できない場合は、カード登録されている通販サイトや有料サイトを軒並みアカウント削除する必要があります。

なので、その手順も補足しておき、不慣れな人でも操作できるよう書いておきましょう。

A-④株・FX売買

ネット上で株・FX取引をしている場合はログイン情報以外に、証券会社から案内が届くメールアカウントや解約手続きをするための連絡先も書いておきましょう。

重要度B:SNS・ブログ・有料サイト

重要度Aと比べ、直接的な被害を受けることは少ないですが、「なりすまし」行為による金銭被害や信用低下を招く危険性があります。特にSNSアカウントにログインし、本人と偽って悪意のある投稿をされるケースもあります。

重要度Bのデジタル遺品は、主に次の6つになります。

B-①メールアドレス

各種サイトのアカウント作成する際の登録アドレスにしているメールボックス(Gmailなど)は、見られても良い履歴だけを残しておきましょう。死後に、それらの案内や取引の履歴を見て、解約手続きなどを行ってもらうのに必要です。

おつる
メールのアカウントを複数持っている場合は、アカウント別にどのような案内が届くかを補足しておきましょう。
B-②SNS

facebook、twitter、InstagramなどのSNSは、直接的な金銭被害を受けることは少ないですが、故人のアカウントが乗っ取られるケースがあるため早めにアカウント削除などで対処しておきましょう。

おつる
ちなみに、facebookでは追悼アカウントに移行する申請ができます。
かめひこ
故人の思い出の投稿を残しながら、企業側でアカウントを管理してもらえますよ。

こちらの判断も、相続人の手間やリスクを考えながら手順を書いておきましょう。

B-③ブログ・ホームページ

個人や仕事でブログやホームページ制作や管理をしている場合は、そのアカウント情報やドメイン・サーバー情報が必須となります。

おつる
その際、管理者の引継ぎ先もあれば、その人物の連絡先なども補足しておきましょう。
B-④オークション・ECサイト

ヤフオクや楽天などを運営している場合は、注文や出荷予定の有無を確認し、それらの手配が全て完了後に退店または解約してもらうようにしましょう。

おつる
解約日によっては次回分の月額料が発生する旨も書いておきましょう。
B-⑤クラウドサービス

「Google Drive」、「Dropbox」などのクラウドサービスにファイルやデータを保存している場合は、カテゴリー別にフォルダ分けしておきましょう。

B-⑥その他通販サイト・有料サイト

Amazonなど購入のみで利用している通販サイトは、ワンクリックでクレジットカード決済ができる状態になっていることが多く、ログインすれば誰でも購入できてしまいます。

おつる
なので、クレジットカードの利用停止や、各サイトのカード情報を削除することで、トラブル回避してもらうよう書いておくと良いです。
かめひこ
月額有料サイトも、登録しているサイト(アプリ)がどこにあるかを明記しておきましょう。

重要度C:無料サイト

重要度Cは、ログイン情報を盗まれても特に実害のないものになります。例えば、無料会員のニュースサイトやその他情報サイトなど。

銀行口座やクレジットカード情報を登録していないため、ここから金銭トラブルや信用低下に絡むことはありません。なので、利用頻度の高いものをまとめて書いておけば、相続人や身内の方も困ることはないでしょう。

以上のことを踏まえ、ご自身のデジタル遺品のログイン情報を一度整理してみるのをおすすめします。

エンディングノートの書き方

デジタル遺品の整理方法をご紹介してきましたが、実際どのように書き始めれば良いか迷ってしまいますよね。

以下の記事では、エンディングノートの書き方やサンプルについて詳しく書かれていますので、参考になればと思います。

エンディングノートの書き方とは?優先的すべき項目とサンプルを紹介

さいごに

デジタル遺品には多くの種類があり、その整理方法や重要度も異なるため、ご自身が何を管理されているのかを一度書き出してみると良いでしょう。

エンディングノートの書き方について知りたい場合は、以下の記事より詳細をご覧いただけます。

関連記事

  1. デジタル遺品

    デジタル遺品整理サービスのおすすめ業者3選!料金相場もチェック

    パソコンやスマホ(スマートフォン)などをはじめとする「デジタル遺品」が…

  2. デジタル遺品

    故人のパソコンやスマホのパスワードロック解除できる遺品整理業者おすすめ3選

    親族が突然亡くなり遺品整理をしている時に、スマホやパソコンが出てきた場…

  3. デジタル遺品

    実際にあったデジタル遺品トラブルと衝撃の裏話3選を紹介!

    身内の方が突然亡くなり遺品整理をしている時に、もしデジタル遺品を見つけ…

  4. デジタル遺品

    デジタル遺品を家族に見られたくない!対処法やデータ削除方法を紹介

    遺された家族が、故人のデジタル遺品を見れないことで、トラブルが発生した…

  5. デジタル遺品

    死後にパソコンのファイルが自動削除されるフリーソフトを紹介!

    自分が決めた指定日に、パソコン内のファイルやフォルダを自動削除してくれ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 遺品整理エリア

    群馬の遺品整理業者おすすめ3社を紹介!料金と口コミもチェック
  2. 遺品整理エリア

    横浜市の遺品整理業者おすすめ3社を紹介!料金や口コミもチェック
  3. 九州

    熊本の遺品整理業者おすすめ3社を紹介!料金と口コミ・評判のまとめ
  4. 中国

    山口の遺品整理業者おすすめ3社を紹介!料金と口コミ・評判のまとめ
  5. 東北

    岩手県盛岡市の遺品整理業者おすすめ3社の料金や口コミ・評判を紹介
PAGE TOP